鍼灸寺子屋
楽っ子堂治療室 ホーム ≫ 鍼灸寺子屋 ≫ お灸の工場見学(山正)

お灸の工場見学(山正)

お灸の製造の工程

お灸見学でお世話になりました山正さんです。創業は、明治28年、江州伊吹山麗 浅井の里にあります。

伊吹山

乾燥よもぎ

破砕機

乾燥室

乾燥室は、ガス乾燥で75度の温度で12時間乾燥させます。

下からガスの温風がでます。

乾燥させやすいように、網状になっています。

石臼

石臼の動画 石臼の原料の原石は、新潟県糸魚川でとれるものが使われている。
石臼は、1番臼、2番臼、3番臼と3つあります。それぞれ、臼のみぞに違いがあり、お灸の種類により、かけ方も違います。

●石臼の動画

乾燥よもぎは、上から投入します。

真横から見た石臼の刻み目

石臼に関する詳しい紹介のホームページ「鳴き砂・石臼」

長篩(ながどおし)

すだれ状の竹籤が中に入っており、、回転して遠心分離し、お灸にまざっている雑物を取り除きます。

●長篩動画

真横から見た。

竹籤を近くでみると、ふるいをかけるために目の間にもぐさの粉などが詰っています。

唐箕(とうみ)

粗製もぐさを精製して、雑物のない高級もぐさにしてきます。箱の中は、風車のような丸い羽根車が入っている。羽根車には、竹籤でおおわれている。もともとは、雑穀などを穀粒等を比重の差によって選別する装置であった。

●唐箕動画

中は、回転しています。

下のほうから完成したもぐさがでてきます。

もぐさの完成

もぐさの出来上がり!

火の用心

もぐさは、乾燥や臼でひくことにより、自然発火することがある。お灸の工場は、人里はなれたところで、川のそばにあります。
もともと、もぐさは、「よく燃える草(燃え草)」という言葉からきているともいわれる。

台座灸

台座灸は、一般向けの温灸で、手作業で作っています。

本社:滋賀県東浅井郡浅井町内保2459-1
TEL:0749-74-0330(代)
FAX:0749-74-0466

ページトップへ