診療科目
楽っ子堂治療室 ホーム ≫ 診療科目 ≫ 不妊症のための鍼灸

不妊症のための鍼灸

不妊症とは

 不妊症の定義は、「生殖可能の男女が妊娠を希望しある一定期間、性生活を行っているにもかかわらず、成立をみない場合を不妊という。期間は、1年から3年と諸説はありが。2年というのが、一般的である。
 不妊症の男女比については、男性40%、女性40%、両方に原因があるもの20%といわれ女性の不妊原因としては、排卵因子、卵管因子、子宮因子、膣頸管因子などがあげられる。
 西洋医学の治療法では、タイミング法、人工授精(AIH)、体外受精(IVF)などがある。

 年齢ととも卵巣機能と妊娠率と関係し、35才過ぎると妊娠率は下降しやすいといわれている。

卵巣機能と年齢

東洋医学

 東洋医学の不妊は、「不孕」「不子」「無子」絶子」「絶不産」など古典の記載があり、いくつかの用語がある。隋代に各種疾病を分類し、その病因と症状を解説した書、『諸病源候論』では、不妊の項(無子候)として、月水不利無子、月水不通無子、子藏冷無子、帶下無子、結積無子と5つに分けて記している。 妊娠にかかわりある、女子胞(子宮)の生理機能は、肝・腎・脾と経絡中の任脉・衝脈と密接なかかわりを持ち、ことに、『黄帝内経』素問 上古天真論では。女子の発育は、7の倍数で成長・発育は、腎気の盛衰と大きく関与していると捉えているのである。

月経周期にあわせた鍼灸治療

 楽っ子堂では、体質改善の治療とともに、婦人科疾患の不妊症の方々に、月経周期にあわせた鍼灸治療(鍼灸周期療法)を行っております。周期療法とは、低温期、排卵期、高温期、月経期の周期の状態に合わせて治療を行っております。
 治療頻度の目安としまして、基本の体質改善の治療では、頻度は週3回、週2回、週1回、10日に1回、2週間に1回と体質により異なります。期間は、妊娠成立までとなりますが、目安としましては、1ヶ月、3ヶ月〜6ヶ月、1年、状態により2〜3年かかる場合もあります。
 体外受精を目的として、卵の質の向上をする場合、主に低温期に集中的に治療をおこないます。着床を助ける目的としましては、受精卵移植前後および、移植後当日から一週間以内に治療をおこないます。内膜の質の向上、肥厚を目的とする場合、低温期に治療をおこないます。

*体質として冷え症などがある症例(特に骨盤内の血行が良くないケース)では、鍼灸の治療効果が短期間にあらわれやすい傾向にある。
 一方、のぼせやほてり(陰虚)などの症状、下腹部の硬結(お血)、精神的なストレスが多い(気滞)、年齢のわりに卵巣機能が低下している・白髪が多い・40代(腎虚)、アレルギー・自己免疫疾患などの症例は、期間として中期または長期にわたる可能性がある為、インフォームドコンセントをして納得して治療を受けて頂けるように心がけている。

周期療法

体質改善

鍼灸周期療法

卵巣の血行改善し、卵の質の改善をはかる

子宮の血行改善し、着床を助ける

子宮の血行改善し内膜の改善をはかる

楽っ子堂の体外受精(顕微受精含む)胚移植の妊娠(着床)率

56人中29人妊娠2004年7月1日現在の成績

妊娠成立者年齢内訳 20代 2人
30代 23人
40代 4人

鍼灸併用IVF-ETの回数


1回目のIVF-ETで妊娠 15人
2回目のIVF-ETで妊娠 9人
3回目のIVF-ETで妊娠 3人
5回目のIVF-ETで妊娠 2人

鍼灸の効果と考えられた結果(鍼灸治療前と後の比較)

  • 採卵数の上昇
  • 受精率の上昇
  • 受精卵の質の向上
  • 多精子受精の抑制
  • 内膜の増厚化
  • 着床の成立
  • 妊娠の成立

※体質として冷え症などがある症例(特に骨盤内の血行が良くないケース)では、鍼灸の治療効果が短期間にあらわれやすい傾向にあります。

妊娠不成立者の背景

  • 子宮内膜症の悪化
  • 子宮内ポリープおよび子宮内の炎症を疑われる
  • FSHの値が15以上の卵巣機能低下
  • IVF−ET10回以上の難治性不妊患者
  • 40歳以上の難治性不妊患者
  • 排卵誘発剤の薬との相性

※のぼせやほてり(陰虚)などの症状、下腹部の硬結(お血)、精神的なストレスが多い(気滞)、年齢のわりに卵巣機能が低下している・白髪が多い・40代(腎虚)、アレルギー・自己免疫疾患などの症例は、期間として中期または長期にわたる可能性がある為、インフォームドコンセントをして納得して治療を受けて頂けるようにしています。

*卵巣機能が低下している症例に関して
 カフマン療法を併用されてもFSHが下がらない(10以上)の症例に関しては、卵巣機能の状態が充分でない可能性があり、空胞・変性卵の確率が高いため、FSHが10以下の状態になるまで確認してからIVFを受けられることをおすすめしています。

不妊治療のタイミング療法の期間とIAIH・IVF-ETの回数目安

不妊治療は、長期間になりますと出口の見えにくい治療といわれています。
 鍼灸の治療と併用した体外受精(IVF-ET)の場合の妊娠成立した方の目安は、年代別として、おおよそ20代で1回目〜2回目、30代は状態により個人差が多く1回目から4回目、40代で1回目から5回目で妊娠されました。1回目の体外受精胚移植の時に妊娠成立しなかった方に対し年齢的要素と疾患別要素を合わせた回数までの限度として、治療をしております。

タイミングと併用の期間

20代

器質的疾患あり 6ヶ月まで
器質的疾患なし 1年まで

30代

器質的疾患あり 3ヶ月まで
器質的疾患なし 6ヶ月まで

→以上の期間に妊娠がみられない場合は、AIHへステップアップ
※器質的疾患のある場合は、早めに次のステップに進ませたほうがよい。

AIH(人工授精)の回数  5回

→以上の回数で妊娠がみられない場合は体外受精へステップアップ

IVF-ET(体外受精胚移植の回数)

年齢的要素

20代 2回まで
30代前半 3回まで
30代後半 4回まで
40代 5回まで

疾患別要素

子宮内膜症 軽症 年齢的要素+2回
中程度 年齢的要素+3回
重症 専門の治療を要する
FSHの高値 10〜15 年齢的要素+2回
15〜20 年齢的要素+3回
20以上 年齢的要素+5回
多嚢胞性卵巣 年齢的要素+2回
高プロラクチン血症 年令的要素+2回
※薬の服用にて15ng/ml 以下にする必要がある
内膜が薄い場合 年齢的要素+3回
卵の質が良くない場合 年齢的要素+5回
抗核抗体・抗リン脂質抗体陽性・自己免疫疾患 年齢的要素+2回〜5回
糖尿病 年齢的要素+2回〜5回
甲状腺疾患 年齢的要素+2回〜3回

※以上の回数で妊娠がみられない場合は、治療を休止、または中止。
体外受精の治療法、病院を変えるなどの対処されることをお勧めしています。

ページトップへ