治療室紹介
楽っ子堂治療室 ホーム ≫ 治療室紹介

プロフィール

楽っ子堂院長プロフィール

東洋医学の意義

 東洋医学のことばで、「未病を治す」とは、病気になってから治療するのではなく、病気になる前に、早期に治療を施し生活を改善し、養生することで、病気を未然に防ぐということです。
 はり・灸治療は、ツボや経絡を用いて五藏六府を調和し、気・血・津液(水)を整えることにより、痛みやコリ、様々な不定愁訴を緩和し、自然治癒力を高めることで健康の維持のお手伝いをします。はり灸にはお薬のような副作用は、ありません。安心して治療をお受けになれます。
 「楽っ子堂(らっこどう)」では、初めての方でも、痛くない鍼、熱くないお灸で、安心して、気持ちよく治療を受けることが出来ます。お子さまから、ご成人方の、ご年配の方まで、幅広い層に、東洋医学をお勧め致します。

治療室内風景

 小さな治療室ですが安心して治療を受けられるように心がけています。
 女性鍼灸師が心を込めて治療しています。

 ● ベットは、2台ありカーテンでしきりがあります。
 ● シーツや枕のペーパーは、使い捨てを用いており、衛生には気を付けています。
 ● 患者着を用意していますので、衣服を気にせず、治療をお受けになれます。
 ● 枕は、テンピュ−ルや低反発枕を用いて、首を痛めた方にも安心して枕をご使用頂けます。
 ● BGMには、環境音楽を流しています。
 ● 空気清浄機は2台稼動しており、マイナスイオンたっぷりの室内です。

治療法

 はり・きゅう治療は、痛みや凝りを緩和し不快な症状を改善させ、自然治癒力を高めていく治療です。全身を調整することで、気血のめぐりを良くして、バランスを整えていきます。
 病名だけで、判断するだけでなく、脈診、腹診、舌診、圧痛などをみていくことにより病気になる前の段階の、未病を考えて治療しています。

女性の治療

 女性は、特にホルモンのサイクルによって、デリケートな体調になっています。鍼灸によって、ホルモン系・自律神経系の調整がおこなわれます。
 腰仙部や手足のツボによって、子宮内の循環の改善により、子宮や卵巣の環境の改善し月経困難症や不妊症などに対応し、ホルモン・自律神経調整により、PMS(月経前緊張症)、更年期障害などの不定愁訴を緩和します。

衛生について

 当治療室の使用しているはりは、ディスポータブル(使い捨て)のはりや、オートクレープ(高圧滅菌器)で完全に消毒された器具を用いております。シーツは使い捨てを用いております。安心して、治療をお受けになれます。

最後に

 ホームページは、情報発信の場だけでなく、よりよい治療室になるように多くのみなさまの声を反映させて、いきたいと考えております。お気づきのの点等ございましたら、ぜひ、ご意見をお待ちしております。
 健康に関する質問、治療に関することについてもメールをお待ちしています。お気軽にどうぞ(^^) お待ちしています。

ページトップへ