鍼灸寺子屋
楽っ子堂治療室 ホーム ≫ 鍼灸寺子屋 ≫ もぐさを作ってみよう

もぐさを作ってみよう

もぐさとは

もぐさは、ヨモギの葉から作られます。もぐさを皮膚の上で燃やすことで、温熱刺激を与えることで古来より疾病の治療に用いられています。成分は、ヨモギの葉の裏にある毛茸と腺毛からなる。成分として精油のチネオールが含まれ、燃焼時のもぐさ独特の香りはチネオールによって香ります。
産地は、滋賀県伊吹山などが有名ですが、現在では、新潟産が占めているようです。

よもぎ

多年草、キク科、ヨモギ属
山野に自生し、春になると芽を出し、秋には白い花を咲かせます。
ヨモギという名称は、「よく燃える草」という意味であるとの説もあり、大昔は火種をおこすのに使ったとも言われます。

採取

7月から8月にかけてよもぎを採取する。

よもぎを天日干しする(2〜3日)

その後も、2〜3週間位、よく乾燥させる

もぐさの作りの必要な道具

乾燥したよもぎ、すり鉢、すりこぎ、ふるい

よもぎをちぎって、細かくする。この時、茎なども取り除いておく。

次に揉み込むようにしてさらにお団子状に丸める。

適当な大きさのものを、すり鉢で擂る。

ふるいにかけて、雑物を取り除く。

何回もすり鉢ですり、ふるいにかけることを繰り返す。

繊維状のものが出来てきます。雑物が少ないほうが質の良いもぐさになります。

おまけ

四国・香川名物「お灸まん」

ページトップへ