鍼灸寺子屋
楽っ子堂治療室 ホーム ≫ 鍼灸寺子屋 ≫ 昔の鍼の練習法

昔の鍼の練習法

昔の鍼の修行は、厳しく入門してもすぐには、鍼をすることは出来なかったといわれています。目覚え3年、手覚え3年といい、以下の練習ができて、師匠から人体に鍼をすることが許されたという。

浮き物通し(押し手の練習)

大きなタライなどに、水を満たし瓜を浮かべ、:水をこぼさないように刺入する。押し手が強いと水がこぼれてしまい、弱いと鍼の刺入ができない。


押し手がしっかりとしていると安定感がある。


押し手がしっかりしていないと不安定で
上下圧が強くなりすぎ瓜は沈んでしまう

堅物通し(刺入の練習)

堅い木の板に旋撚法で鍼が曲がらないように刺入する。板が堅く、鍼の種類は銀鍼で番手の小さいものほど難易度は高い。

参考文献:「はり入門」 森秀太郎著 医道の日本社

ページトップへ